犬看板
SMS撮影モード搭載により、通常のTime-Lapse(微速度撮影)撮影から同じ位置で複数回シャッタを切る必要のあるHDR-Time-Lapse撮影や星空などの長時間露光が必要なTime-Lapse撮影まで対応できます。

また通常の電動ドリーとしても使用できますので、ビデオ撮影等の用途でも使用可能です。

SMS撮影とは、Shot-Move-Shotの略で露光中(Shot)は雲台がストップし露光終了後、雲台が 駆動開始(Move)、停止後、
露光(Shot)を繰り返す撮影方法です。露光中はドリーが動きませんので、長時間露光が可能です。

従来の電動ドリーは、カメラの動作に連動したコントロールができない為に、星空や夜景ではドリーを
利用した動きのある微速度撮影は困難でしたがSMSモードを搭載したEscargotでしたら
思い通りの撮影が可能です。

使用可能な可能なカメラ :
リモートケーブルでレリーズ可能なカメラで使用できますが、
ご購入の前に必ずお問い合わせください。
ご使用のカメラ用のリモートケーブルを一本、ご用意させて頂きます。
MS撮影モードはシャッタースピードをカメラ側で制御するカメラ優先SMSモードと コントロールボックス(CB)で制御するCB優先SMSモードの2種類があります。
     コントロールボックス部は着脱式です。
     ドリー駆動範囲:約92cm
     大きさ(W×H×D): 約1,380×100×150mm(コントロールボックスを取り付けた状態)
     質 量: 約4,700 g(本体 約4,080g コントロールボックス 約620g)
     電 源: 12V電源

  2軸電動雲台 KDSセット
    ・エスカルゴの2軸バージョンでSMS撮影が可能です。
    ・エスカルゴと連動した3軸撮影が可能です。
    ・コントロールボックスと2軸雲台のみでの撮影も可能です。
    ・コントロールボックスと電源が必要です。

       大きさ(W×H×D): 約152×120×142mm
       質 量 : 約1,440 g
       電 源 : コントロールボックスを介して12V電源を供給

SMS (Shot-Move-Shot)
微速度撮影時用のモードです。
通常の電動ドリーの場合は、リニアに駆動しま すが、SMSモードではレリーズ中は、動作を停 止します。

レリーズ中もカメラが移動してしまう電動ドリー ですと露出時間によっては画像が流れてしまい ます。

SMSモードですとレリーズ中は停止しますので 長時間の露出でも画像が流れる事なく撮影が 可能です。
本ビデオでは、レリーズ・駆動・停止の動作を 分かりやすくする為にストロボを発光させて います。
連続駆動モード
動画撮影用のモードです
電動2軸雲台 ON スライド方向と電動雲台でパン・ティルトの合計3軸

    ● 微速度撮影用電動ドリー : 298,000円(税別)
        (エスカルゴ本体・コントロールボックス・12Vバッテリー付き)
    ● 2軸電動雲台 :99,800円(税別)
        (コントロールボックス及び電源が必要です)
    ● コントロールボックス         :118,000円(税別)
    ● 専用アルミケース(鍵付き) :49,800円(税別)
    ● 12Vバッテリー(充電器付)  :16,800円(税別)